2018年03月28日

SIG P229C(3)

製作作業が遅れておりますSIG P229Cです。
モデルガンP226のロッキングインサートをガスガンP228のフレームに使用しますが、
ティクダウン・レバーの入る穴位置などが違います。
そこで、穴位置を後方にずらして合うように加工しました。



ずらした部分の穴は、金属板を工業用エポキシパテで接着して補強。
さらにパテで埋めて整形しています。










同じカテゴリー(SIG系塗装カスタム)の記事画像
SIG P6
SIG P229C(6)
SIG P229C(5)
SIG P229C(4)
SIG P229C(2)
SIG P229C(1)
同じカテゴリー(SIG系塗装カスタム)の記事
 SIG P6 (2018-09-12 08:07)
 SIG P229C(6) (2018-05-10 20:53)
 SIG P229C(5) (2018-04-07 21:20)
 SIG P229C(4) (2018-03-28 20:58)
 SIG P229C(2) (2018-02-03 22:13)
 SIG P229C(1) (2018-01-30 19:25)

Posted by unicorn  at 18:00 │Comments(0)SIG系塗装カスタム

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。