2013年11月21日

オフィシャルポリス(2)





加工と塗装の為に分解。





ちょっと下がり気味だったバレルの根元をパテで修正してから取付けです。




フレームの下部とグリップとの高さが合っていないので修正。
フレームをパテで盛ってグリップと高さを合わせます。












  


Posted by unicorn  at 20:33Comments(0)コルト系塗装カスタム

2013年11月18日

ワルサーP38 ギガマキシウエイト(3)




分解したP38の表面を滑らかに整えるためペーパー掛けとバリ取りを行い超微粒子の鉄粉を混合した2液硬化性塗料で塗装。
グレーぽい色合いになっていますが表面を真鍮ブラシなどで軽くブラッシングすると金属感が出て来ます。













  


Posted by unicorn  at 20:59Comments(0)ワルサー系カスタム

2013年11月09日

ワルサーP38 ギガマキシウエイト(2)




P38を分解。




スライド右面の刻印は、不要なのでパテで埋めて消してしまいます。
ペーパー掛けするとギガ・マキシ・ウエイトの地肌が出て来ます。
赤っぽい色をしています。









  


Posted by unicorn  at 21:10Comments(0)ワルサー系カスタム

2013年11月02日

ワルサーP38 ギガマキシウエイト(1)



マルシンのモデルガン、ワルサーP38。
しかし、ただのモデルガンではありません。
ヘビィウエイトの「2倍」の重量があるというギガ・マキシ・ウエイト製です。
ズッシリと重く実銃のようなリアルな重量感です。
ただし難点は高価な事と材質的に弱い(固くて割れやすい)事です。
という事で、気楽に撃って遊ぶような事は出来ません。
まぁ、ダミーカートモデルですし・・・・・・・






このP38は、塗装の依頼品です。
フェイクスチール塗装で仕上げて行きます。














  


Posted by unicorn  at 20:56Comments(0)ワルサー系カスタム