2017年06月25日

マイアミ Tiki [3]

メッキ風塗装と形状加工が終わり完成したマイアミ Tiki です。





トリガーガード下の部分のえぐれを深くして映画のプロップガンに近い形状に変更。
さらにグリップスクリューを付け替えて、実銃のグリップネジが取り付けられるようにしています。
スライドストップ、マガジンキャッチもカスタムの物に交換しています。





ハンマーは、WAの物は中抜きされてないので、中を削って貫通させています。
スライド側面には、薄くヘアラインを入れています。




















  


Posted by unicorn  at 21:31Comments(0)GM系塗装カスタム

2017年06月18日

マイアミ Tiki [2]


メッキ風塗装を施したマイアミ Tiki のスライドです。
実物のプロップガンに近い雰囲気になって来ました。




こちらは、塗装して各パーツを組み込んだフレームです。
マガジンキャッチは、カスタムパーツの物に交換しています。



実銃のネジを使用してグリップを止める為、グリップスクリューを付け替えています。
パテ埋め等で固定しているのでフレームシャーシは取外し出来ません。






  


Posted by unicorn  at 20:15Comments(0)GM系塗装カスタム

2017年05月21日

マイアミ Tiki [1]

2006年の映画「マイアミ・バイス」に登場したマイアミ Tiki 。
WA製ガスガンで塗装依頼品です。





劇中に登場したプロップガンのようにステンレスシルバーにメッキ風塗装でリペイントします。
それに合わせて細部の形状なども修正を加えて行きます。
トリガーガード下部分の形状も実物の画像を参考に加工します。







  


Posted by unicorn  at 21:29Comments(0)GM系塗装カスタム

2017年03月12日

錆銃

ボロボロに錆びたガバメント・・・・・・
塗装依頼品でベースは、WAのガバメントです。







ねっとりとした錆び具合の感じに仕上げています。
もちろんブローバックガスガンなので・・・・これでもちゃんと作動します。















  


Posted by unicorn  at 19:14Comments(0)GM系塗装カスタム

2017年03月11日

ダブルダイヤモンド


ちょっと前に塗装依頼を頂いていたMGC ダブルダイヤモンドの塗装完成品です。




スライド、フレームをメッキ風シルバー塗装で仕上げています。
トリガー、マズルブッシングなどは、真鍮製カスタムパーツに交換されているので、
なかなかゴージャスな雰囲気のカスタムとなっています。


















  


Posted by unicorn  at 19:54Comments(0)GM系塗装カスタム

2017年03月04日

GAS GUN(完成)


懐かしのエイムポイントを装着。
さらに重々しい雰囲気になりました。
重量もアップしズッシリと重いです・・・・・・




スライドを引くとこんな感じ・・・・・
従来のスライドの下半分がブローバックします。
上部はバレル部分で固定されています。











バレルは、ストレートブローバックに改造されショートリコイルしません。
従来ならスライドストップのシャフトでバレルが止められていますが、
この部分も独特の構造になっています。




スライドストップはシャフト部分を取り去って短くしネジでフレームに止めています。
バレルの固定は、別のピンを差し込んで行います。
ピンの頭は、マイナスネジ状で端が削られた形になっています。
取り付けるとスライドストップの端で抑えられ抜けなくなる構造です。
抜くときはマイナスドライバーでピンを90度回してロック解除して抜きます。
















  


Posted by unicorn  at 07:45Comments(0)GM系塗装カスタム

2017年03月03日

GAS GUN (9)






完成したGAS GUNです。
延長したフレームと独特のスライドで重々しい雰囲気のガバメントカスタムになりました。
表面は、2液硬化性塗料を使用し青みのあるブルースチール風に仕上げています。






実銃では、延長した前方(リコイルスプリングプラグの箇所)に発射ガスを利用して
激しくブローバックするスライドにブレーキを掛けて反動を抑えるシステムになっています。
モデルガンでは、そこまでの再現は出来ませんので外見だけのダミーです。
ブローバックは、ストレートブローバックになるので、ショートリコイル機能は潰しています。







上面には、取り外し可能なマウントベースが取り付けてあります。
コンペンセイターの所のピンを抜けば前方にマウントベースが抜けて取り外しが出来ます。








  


Posted by unicorn  at 20:07Comments(0)GM系塗装カスタム

2017年01月31日

GAS GUN (6)





ガバメントフレーム前方を延長しました。
接合個所には、補強の為に金属板を埋め込んでいます。





こちらは、スライド部分・・・・・それらしい形になって来ました。
ショートリコイルしないストレートブローバックになるので、
バレルの固定部分をパテで整形しています。





  


Posted by unicorn  at 20:17Comments(0)GM系塗装カスタム

2017年01月28日

GAS GUN (5)

GAS GUNのマウントベースの製作です。
金属を切削して作れば完璧なのですが残念ながら切削加工の設備や技術がありません。
外注で作ると、とても高額になり予算オーバーします・・・・・
ということで市販のエアガン用のマウントを加工して製作します。



長さが足りない所は、継ぎ足して延長・・・・
接合部分は、金属板を埋め込んで補強し工業用パテで埋めています。
また、マウントベース下部の銃本体に取り付ける部分はアルミ板で製作しています。



不要なマウントベースの溝は、同じく工業用パテで埋めて全体の整形を行なって行きます。



  


Posted by unicorn  at 21:24Comments(0)GM系塗装カスタム

2017年01月21日

GAS GUN (4)


現在、製作進行中のGAS GUN・・・・・
だんだんとそれっぽい形になって来ました。





分割したスライドの造形や組み合わせの調整など結構面倒です。
フレームの延長は、これから行います。






  


Posted by unicorn  at 19:35Comments(0)GM系塗装カスタム

2016年12月23日

GAS GUN (3)


取り外したPINGUNのスライド上部をカット。





雑誌の写真を参考にパテ等を使用して造形して行きます。


  


Posted by unicorn  at 20:10Comments(0)GM系塗装カスタム

2016年12月18日

GAS GUN (2)


分解したMGC「PINGUN」




ここで一つ問題発覚です。
チャンバー部分が割れていました。





接着剤等で補修して進めていきます。







  


Posted by unicorn  at 19:45Comments(0)GM系塗装カスタム

2016年11月30日

GAS GUN (1)


往年のGUNマニアには有名?な月刊モデルガンチャレンジャー。
残念ながら短期間の発行で消えて行きました・・・・・





そのモデルガンチャレンジャー1984年8月号で特集されているのがジム・ボランドの「GAS GUN」
「GAS GUN」と言ってもエアガンのガスガンではありません。
ガバメントベースのメチャクチャ手の込んだカスタムです。
記事を読んでみると、チャンバーに穴があり、ケースが少し抜けた時に発射ガスが吹き出して、
猛スピードで後退する軽いスライドにガス圧をかけてブレーキをかけるシステムだそうです。










そして、この「GAS GUN」の製作依頼です。
ベースとなるモデルガンは、MGCの「PINGUN」です。







スライド部分など全面的に造形加工になりますので、かなり手間のかかる作業になりそうです。




  


Posted by unicorn  at 19:55Comments(0)GM系塗装カスタム

2014年04月06日

ダマスカス ガバメント






ダマスカス風に塗装したマルイ ガバメントM1911A1。
スライドの独特の模様がインパクトがあります。
フレームはブルースチール風に塗装しスタッグホーン風グリップを取付けています。
ダマスカス風は、久々の塗装依頼でした。
時間があれば、ガバメント以外の銃もダマスカス風にしても面白いかも・・・・・・・















  


Posted by unicorn  at 21:58Comments(0)GM系塗装カスタム

2013年05月18日

ビンテージ風塗装


これも少し前に行ったガバメントのモデルガンの塗装です。




擦れて下地のシルバーが出て来たビンテージ風の塗装です。
メッキ風塗装の上にキャロムショットのブラックスチールスプレーを吹いて、
部分的に落として下地のシルバーを露出させています。



















  


Posted by unicorn  at 20:53Comments(0)GM系塗装カスタム

2013年05月17日

錆びたガバメント

少し前に仕上げた塗装依頼品のガバメントです。



以前のサビサビガバメントより錆を抑えた感じになっています。
ちょっとネットリしたブラックの色合いで、
イメージ的には「倉庫の奥に転がっていた錆の出た古い銃」という感じかな・・・・・

















  


Posted by unicorn  at 20:06Comments(0)GM系塗装カスタム

2013年02月24日

とんでもないものを見つけてしまった。(2)

先日、森の中で拾った銃・・・・・・・





























・・・・・・・・と、言うのはウソで、実は塗装依頼品です。
(ちょっと遊んでしまいました。クライアント様ごめんなさい。m(_ _)m )






錆びてボロボロの感じに塗装で仕上げています。
実銃でこんなのを撃ったら、一発でバラバラになりそうです・・・・・・



















  


Posted by unicorn  at 20:11Comments(2)GM系塗装カスタム

2013年02月23日

とんでもないものを見つけてしまった。(1)


森を散歩してて、とんでもないものを見つけてしまった。どうしよう?







































天気が良かったので、ちょっと森の中を散歩していて、
ふと見ると何やら妙な物が・・・・・・・
おいおい、これってちょっとヤバいんじゃ・・・・・









K察に届けた方がいいのかな?








  


Posted by unicorn  at 21:07Comments(6)GM系塗装カスタム

2013年02月21日

ガバメント S’70(3)



金粉塗装を行ったら刻印が目立たなくなってしまったので、
新しく彫り直しました。
やっぱり刻印がハッキリとした方がしっくりきます。










  


Posted by unicorn  at 20:58Comments(0)GM系塗装カスタム

2013年02月20日

ガバメント S’70(2)

塗装が完成したガバメント シリーズ’70。
金粉塗装で派手派手に仕上がりました。
金粉と言っても本物の金ではなく「エルジー」と呼ばれる高輝度の金属蒸着粉です。







しかし、ちょっと問題が・・・・・・
スライドの刻印が薄かったので塗装で埋もれて薄くなり、
さらに金粉塗装で見にくくなっています。
という事で刻印を新たに彫り直します。







  


Posted by unicorn  at 21:21Comments(0)GM系塗装カスタム