2008年05月19日

カスタムバレル各種?

残念ながら、アウターバレルやインナーバレルではありません。
「鮎釣」用のロッド(釣竿)です。
その、ロッドを塗装して欲しいとの依頼・・・・・
まあ、単なるパイプ形状の物の塗装だから簡単かと思ったら、結構面倒!
長いので塗装後の乾燥場所を取るし、強制乾燥も出来ない・・・・
思いのほか塗料を食うetc.・・・・
とりあえず、下塗りのシルバー塗装は完成。



ほとんど、アルミパイプみたいだな・・・・大丈夫か?




ちなみに、元の色はこれです。

  


Posted by unicorn  at 12:48Comments(0)その他

2008年05月10日

M84のバレル補修

塗装中のマルシンM84(モデルガン)のバレルですが、赤丸の部分にヒビが・・・・・
(写真では分かりづらいのですが・・・)



このままでは、いつポッキリと行ってもおかしくありません。
と言う訳で、補修します。
しかし、この状態では接着剤でヒビをくっつけようとしても、ヒビの奥まで接着剤は入り込みません。
また、単に接着したのでは接着面の強度が弱くなっています。
そこで、思い切って幹部を大きく切除!



バレル内面ギリギリまで深く削り込み、ヒビの部分を取り除きます。
(やりすぎると穴が空くので注意が必要。)
ちょろっと銀色に見えているのはインサートです。
切除面もギザギザにして補修剤が食い付きやすくします。
補修剤は「プラリペア」を使用。
最近のプラスチック補修剤は実に優秀で、ガッチリと固まり補強出来ます。
この「プラリペア」は補強や修正のさいに大変重宝しています。

  


Posted by unicorn  at 18:11Comments(0)カスタム工程

2008年05月08日

ベレッタM84

マルシンのベレッタM84 [モデルガン]。
かなり古い物で刻印はベレッタ刻印、グリップもベレッタマークの物です。
現在の物は版権の問題からマルシンオリジナル刻印&マークになっています・・・・残念!
と、言う事でこの依頼品のM84はチョイと貴重なものになります。



しかし・・・・・古いモデルガンなので問題が・・・・



ちょっと分かりづらいのですが、バレルに亀裂が・・・・・
(赤丸の箇所)



フレームの後ろ部分にも数カ所ヒビが・・・・

このM84をフェイクスチール塗装でブルーイング仕上にします。
もちろん、ヒビなどの破損も修復します。  


Posted by unicorn  at 22:20Comments(0)カスタム工程